横浜ナポリタン焼そば

こんにちは!

久しぶりのの投稿になってしまいました。

今日はナポリタンについてです。

実は去年の9月頃から

多くの人に愛されているカレーやパスタや牛丼などの

人気の理由を考えながら、いつもとちょうっと違う味の焼そばの商品開発をしていました。


そこで子供から大人まで人気があり、家庭料理として楽しめる

ナポリタンを焼そばの麺で作ろうと考え、開発を開始しました。

調べてみるとナポリタンは昭和初期に横浜が発祥だそうです。当時の料理人が工夫をして完成させていたことを知り、ますます焼そばでナポリタンが作りたくなりました。

ナポリタン焼そば画像.jpg
ナポリタン誕生の経緯

ナポリタンの発祥の地は、通説では1927(昭和2)年に横浜・山下町で開業した老舗「ホテルニューグランド」と言われています。

ちなみにこのホテルは、ドリアやプリン・ア・ラ・モードの発祥の地でもあるそうです。

二代目総料理長の入江茂忠が、生のトマト、玉ねぎ、ニンニク、トマトペースト、オリーブオイルを使ったオリジナルソースを考案。炒めたハムとマッシュルームを加えたスパゲティとこのソースを和え、仕上げにパセリのみじん切りとパルメザンチーズをふりかけた一品を完成させました。

ホテルニューグランドで誕生した元祖・ナポリタンには、ケチャップが一切使われていなかったようです。

私たちになじみの深い、トマトケチャップのナポリタン発祥の店はどこかというと、1946(昭和21)年に横浜の花咲町で開業した洋食店「センターグリル」とされています。

当時高級品だったトマトではなくケチャップを使用し、具材はホテルニューグランド同様ロースハム、ピーマン、玉ねぎ、マッシュルームで、さらに緑色のピーマンを入れることで見た目に彩りを加えました。

こうして、皆さんおなじみのケチャップのナポリタンが誕生したようです。

本格的なパスタ料理が手軽に楽しめるようになった今でも、ナポリタンは家庭料理の定番としてはもちろん、喫茶店や洋食屋、学食、レストランなどの人気メニューとして、幅広い年代の人々に愛されています。

調味料メーカーで試作を重ね、ついに

フライパン一つで、モチモチの太麺焼そばと冷蔵庫にある食材で簡単に調理できる、ナポリタン焼そばが完成しました。

商品のパッケージも温かみあるデザインが良いと考え、同じく横浜で活躍されている女性のフードイラストレーターの「まるやまひとみ」さんにデザインしてもらいました。

皆さんは「昭和の日」である4月29日がナポリタンの日であることをご存じですか。

弊社の横浜ナポリタン焼そばも令和2年のナポリタンの日(4月29日)に発売しました。

まだ、販売しているスーパーは少ないですが、見つけたら是非手に取ってみてください

横浜ナポリタン焼そば.jpg

この記事へのコメント