日本ナポリタン学会に認定されました

こんにちは 今年の4月29日ナポリタンの日に発売しました「横浜ナポリタン焼そば」が 9月5日に日本ナポリタン学会さんに認定して頂きました。 まだまだ、販売している食品スーパーさんは少ないのですが、 「横浜のご当地焼そば」になれるよう頑張ります。 港北経済新聞に掲載されました。 https://kohoku.keizai.biz/headline/3053/ ヤフーニュースにもなりました。 https://news.yahoo.co.jp/articles/ccc771660829ab5a02c1cfb9183b50410a30a64e?fbclid=IwAR17-bqDY1frzQmI-f8FyOu173RopdWqo3BZrGJdILUadoNfANpq27ySS3Q

続きを読む

小学生記者による麺工場の取材

こんにちは 先週の9月5日の土曜日に丸紀の工場直売会を開催しました。 毎月第1土曜日に開催していますが、 お客様の来店数も増えて大変嬉しく思っております。 皆様、ありがとうございます。 今回の直売会では地元都筑区の小学生記者に取材をして頂きました。 麺工場を見て、とても楽しそうに取材して頂きありがとうございました。 どんな記事になるのか楽しみです。

続きを読む

横浜ナポリタン焼そば

こんにちは! 久しぶりのの投稿になってしまいました。 今日はナポリタンについてです。 実は去年の9月頃から 多くの人に愛されているカレーやパスタや牛丼などの 人気の理由を考えながら、いつもとちょうっと違う味の焼そばの商品開発をしていました。 そこで子供から大人まで人気があり、家庭料理として楽しめる ナポリタンを焼そばの麺で作ろうと考え、開発を開始しました。 調べてみるとナポリタンは昭和初期に横浜が発祥だそうです。当時の料理人が工夫をして完成させていたことを知り、ますます焼そばでナポリタンが作りたくなりました。 ナポリタン誕生の経緯 ナポリタンの発祥の地は、通説では1927(昭和2)年に横浜・山下町で開業した老舗「ホテルニューグランド」と言われています。 ちなみにこのホテルは、ドリアやプリン・ア・ラ・モードの発祥の地でもあるそうです。 二代目総料理長の入江茂忠が、生のトマト、玉ねぎ、ニンニク、トマトペースト、オリーブオイルを使ったオリジナルソースを考案。炒めたハムとマッシュルームを加えたスパゲティとこのソースを和え、仕上げにパセリのみじん切りとパルメザンチーズをふりかけた一品を完成させました。 ホテルニューグランドで誕生した元祖・ナポリタンには、ケチャップが一切使われていなかったようです。 私たちになじみの深い、トマトケチャップのナポリタン発祥の店はどこかというと、1946(昭和21)年に横浜の花咲町で開業した洋食店「センターグリル」とされています。 当時高級品…

続きを読む